クリエイティブスペース Kyoten

利用規約

Kyoten 利用規約

handmade-space Kyoten(以下Kyoten)はハンドメイド、アート、DIY、ものづくりをテーマとしたメンバーシップ制の共有スペースです。

メンバーは以下の規約とマナーを守ることを了承した上で施設を利用するものとします。

規約の内容は運営者の判断によって変更される場合がありますが、変更時は必ずメンバーに事前報告いたします。

メンバー登録について

メンバーは3ヶ月以上会員になることを前提とし、メンバー料金を利用するためだけに短期的にメンバー登録することはできません。

ただし、止むをえない事情があると運営が判断した場合のみ、短期間であっても退会が可能です。

メンバーは運営の指定する情報共有サービスに登録し、月1回のメンバーミーティングに必ず参加の可不可を返答してください。

メンバーにはドアロックの暗証番号が運営より伝えられ、スペースの利用時間(10:00~22:00)であれば自由に出入りができます。鍵の暗証番号は絶対に外に漏らさないよう、お願いいたします。なお、番号は定期的に変更されます。

フリーススペース占有利用について

政治活動、宗教、マルチ商法などの勧誘を目的とした利用はできません。

イベントや展示を行う場合は事前に企画内容を相談してください。運営の許可が下りるまでは仮予約という形になります。

近隣が住宅地のため、音楽ライブなど、大きな音が出るイベントは不可とさせていただきます。

占有時はゲストの利用費はかかりません。

利用料金について

コミュニティメンバー

年額¥3800

ごくたまにしか利用しない、ものづくりは出来ないけど、Kyotenのコミュニティに参加したい、という方のためのメンバー制度です。
1
階フリースペースが占有されていない場合は、スペースを利用することができます。
メンバー限定のオプションが利用できるほか、フリースペースをメンバー料金で占有利用できます。
また、メンバー限定イベントに参加することができます。
コミュニティメンバーのみ共益費が月額制ではなく、1回の利用につき1/¥500となっています。(占有時は不要です)

アトリエメンバー(フリー席)

月額¥3800(+共益費 月/¥2700)

コワーキングスペースとして、1階フリースペースと2階のアトリエAを利用できるメンバーです。
アトリエは占有ができないため、オープン時間内であればいつでも作業ができます。
専用のオープンロッカーが利用出来るほか、アトリエメンバー限定のオプションが利用できます。

メンバー登録を希望される方は二週間の無料体験期間があります。

アトリエメンバー(専用スペース)

月額¥7800(+共益費 月/¥5200)

コワーキングスペースとして、1階フリースペースと2階のアトリエAが利用でき、アトリエBに専用のスペースを設けることができます。
専用スペースは壁も含め、利用スペースの範囲内であれば、ご自身のスタイルに応じて自由にカスタマイズが可能です。(退会時は撤去をお願いします)
大量に電気を消費する器具を設置する場合は、事前にご相談ください。
フリー席のメンバーと同じく、アトリエメンバー限定のオプションが利用できます。

メンバー登録を希望される方は二週間の無料体験期間があります。

ゲスト(非メンバー)

1¥500

ゲスト利用時は必ずメンバーが同伴し、ドアロックの番号を伝えないようにお願いします。

作業などをせず、1時間程度の見学のみの方は無料です。

スペース利用時のマナー

メンバーは以下のマナーを心がけた上で利用することとします。

  • 自分以外の人にも快適に利用できるように気を配る
  • 他のメンバーの意見を尊重する(自分の意見を押し付けない)
  • 他のメンバーへのクレームは直接本人に伝えない(まず運営にご相談ください)
  • 使ったあとはきれいに片づける
  • 使っていない電気は消す

退会について

メンバー登録を解除したい場合、いつでも退会することができます。

ただし、アトリエメンバーは1ヶ月以上前に退会の意思を運営に伝えるものとします。

利用料金は退会日より日割りで、振り込み手数料を除いた金額が指定の銀行口座に振り込まれます。

違反行為により、強制退会となった場合は運営の指定した日にちを退会日とします。

以下の違反行為があった場合、メンバーとしての資格を失効します。

  • 他のメンバーに対するいやがらせ行為があったなど、運営がメンバーとして不適当と判断した場合
  • 意図的に鍵の暗証番号を外部に漏らした場合
  • スペースの所有物に対し窃盗行為が発覚した場合
  • 他のメンバーの所有物に対し窃盗行為が発覚した場合
  • 施設内の備品を無断で持ち出した場合
  • 政治、宗教、マルチ商法などの勧誘を行った場合
  • 故意に施設を傷つける行為があった場合
  • 利用料の支払いに滞りがあり、該当するメンバーに支払いの意思が無いと運営が判断した場合